便利なキャッシングだから注意したいこと

銀行代わりのように便利に使えるキャッシングだからこそ、守っておきたい注意点があります。これは、銀行のような感覚で使えるのですが、あくまでもお金を借りているということを忘れてはいけないことです。

借りたお金は返さなくてはならないので、借りすぎないようにしてください。法律で借りられる金額が決まっていますが、余裕を持って利用しなければ、返済が滞ってしまう可能性は高くなります。いくつもの消費者金融を利用して自転車操業になって大変な目に遭ったりしないようにしましょう。

特に複数社で利用しないようにしてください。返済日がひと月の間に何度も着てしまい、給料日前に返済日が来てしまったら大変です。キャッシングを利用するときは、金利も大事ですが、返済日や返済方法も必ずチェックしておいてください。借りたお金を返す方法が楽で余裕が持てるかどうかは、大事なポイントだからです。

返済日が給料日より後で、返済がインターネットや電話でできれば、忙しい人でも予定通りに返済できるでしょう。目先のお金の補充のことばかりを考えてしまい、返済のことを考えないで利用してしまうと、より苦しい状態になります。返済のことを考えて利用することで、銀行のような使い方ができるのです。

思ったより簡単なキャッシング審査

金融機関にお金を貸してもらうには、必ず返済できるということを証明する必要があります。そのためには、自分にどのくらいの経済力があるかを示す書類を提出しなければなりません。経済力があれば、滞らせることなく確実に返済ができるとみなしてもらえるからです。

そして金融機関側は、その書類に不備や虚偽がないかどうかを確認します。詳しく確認した後、問題がなかった場合に貸し付けをおこなうのです。この確認作業が、いわゆる審査というものです。

確認作業としておこなわれるのは、まずは本人確認です。申し込みをしたのが間違いなく本人であるかどうかを確認するために、運転免許証や健康保険証などの身分証明書をチェックします。

続いて在籍確認です。本当に働いているのかどうか、収入を得ているのかどうかを調べるために、勤務先に電話をかけるのです。自宅の電話や個人の携帯電話にも、連絡がつくかどうかの確認のために電話をかけられます。

借り入れする金額が高額である場合は、収入証明書の確認もおこなわれます。給料明細書や源泉徴収表などから、具体的にどのくらいの収入を得ているのかを調べるのです。さらに、住宅ローンや家賃の額もチェックされます。収入に対してこれらがどのくらいの割合であるかをチェックして、経済力を量るわけです。

このような方法で、金融機関によるキャッシングの審査は行われています。

カードローン会社と付き合うためのコツ

審査に通過するため、多い限度額を貰うため、再び借り入れるためにカードローン会社に良い印象を抱いてもらわなければなりません。

審査に通過するためには安定した職業に就いている、成人済み、などの要素が必要になり多額の限度額を貰うためには給料が高額である証明や信頼実績などが要され、何度も借り入れをするためには金融事故を起こさない事などが必要になります。

審査に不利になってしまうのは外見がだらしがない、奇妙な恰好や動きをしている、電話での話し方に不安がある、しっかりとしていない人間である、と契約申込者の外見も関わってきてしまいます。申込み時に嘘を吐いてしまうのは論外であり嘘を見破られると契約不可能になる事もあります。

嘘を吐いているという事はやましい事がある、隠したい事がある、と金融会社には警戒されてしまうのです。

急いでいると申し込み時に記入ミスが生じてしまう事もありますが、審査に不利になってしまうので漢字や年収はしっかりと書きましょう。他社で金融事故を起こしている場合も審査に受からない確率が高くなります。

金融事故とは返済の滞納、踏み倒し、などであり信用情報機関に登録され、金融機関は確認をするので隠していてもすぐにばれてしまいます。

キャッシング業者のタイプの違い

キャッシングの申し込みを検討している段階の人は申込手続きを進める前にいろいろキャッシングの知識を身につけておいた方がよいでしょう。そもそも、一口にキャッシングと言いますが、いくつかに分類することができます。

まず、銀行系キャッシングというものがあります。例としては三菱東京UFJ銀行が展開しているバンクイックなどが挙げられます。

銀行系キャッシングの場合は何と言っても運営者が銀行なわけですから、資金面では他のタイプの業者を圧倒しており、そのため、金利がもっとも低いのが特長となっています。節約家な人にとっては最適なキャッシングと言えるでしょう。

次に信販系キャッシングというものもあります。要するにクレジットカード会社が運営しているキャッシングです。信販系キャッシングは銀行系キャッシングほど金利は低くはありませんが、ポイントサービスなどいろいろお得な付加機能があるのが特長です。普段からクレジットカードをよく使う人にとっては適しています。

最後に忘れてはならないのは消費者金融系キャッシングですが、プロミスなどコマーシャルでも有名でしょう。消費者金融系キャッシングの場合は金利はやや高めなのですが、消費者をターゲットにした事業展開をしてきただけあって、審査スピードが早く使いやすいことが特徴となっています。